2016年のおすすめWordPressプラグイン

[`yahoo` not found]

必ず入れたい!おすすめWordPressプラグイン2015年

うっちーがWordpressサイトを新しく立ち上げるときに
必ず導入しているプラグインをまとめてご紹介します。

2016年版は、省力化プラグインの導入、Jetpackの多機能化による不要なプラグイン整理、高速なphp ver.7を導入するため非対応プラグインを削除等が中心です。

実は自分用のメモでもあるので、
説明不足なところはお許しくださいませ。。

 

 

まずは「プラグインを素早く入れるためのプラグイン」

Multi Plugin Installer

結構時間がかかってもどかしいプラグインのインストールや有効化。
でも「Multi Plugin Installer」を使えば一瞬で終了します!

自分がインストールしたいプラグインの名前をコピペしてポチッとするだけで、全部まとめて一括インストールできちゃいます。
まとめてコピペできるプラグインのリストはこちら)

 

おすすめの必須プラグイン全20種

どのサイトでも必ずインストール&有効化しているおすすめのプラグインをご紹介していきます。
スタメンのプラグインです。

 

AddQuicktag

文字の協調など、よく使うお気に入りのタグを登録しておけるプラグイン。
インポート・エクスポート機能があるので便利。

 

backWPup

サイト全体のデータとデータベースを丸ごとDropbox等にバックアップできるプラグイン。
面倒だけど後回しにしがちなバックアップが、このプラグイン1つに全部おまかせできるので最初に設定しておこう。
何かあってからでは遅い。今でしょ。
ジョブの開始方法は「WordPressのcron」を選択すると自動定期バックアップになる。

 

WP Smush.it

このサイトにやってきた、サイト表示スピードにこだわる皆さんには必須のプラグイン。
画像のファイルサイズは、サイト表示スピードに大きく影響する。
このプラグインは、Yahooが提供しているapi「Smush.it」を使って
見た目を劣化させることなく画像のファイルサイズを小さくしてくれる。
アップロードごとに最適化することも、後でまとめて最適化することも可能。

Yahooがapiの提供をストップする可能性があるらしく、その場合は有料になりそう。
有料になる前にぜひ使ってほしい。

 

Google Analytics by MonsterInsights

Google Analyticsと連携したアクセス解析プラグイン。

「Track outbound click and downloads」にチェックを入れるだけで、イベントトラッキングの設定ができるのが秀逸。Advancedタブの「Track full URL of outbound clicks or just the domain:」は「full links」に。
どの広告がどのぐらいクリックされたか、などのコンバージョンの効果測定に便利。
以前は「Google Analytics for WordPress」「Google Analytics by Yoast」という名前だったが変更されている。

 

All In One SEO Pack

SEOの大定番プラグイン。
タイトルやメタディスクリプションの最適化が一番の目的だけど、
OGP設定(Social Meta)や価値のない記事のnoindex機能を追加できるのが便利。

OGP画像は、Facebook推奨の仕様(横1200px × 縦630px)に合わせて作成を。
サイトマップは、最初にウェブマスターツールで送信しておくのを忘れないように。

 

Jetpack by WordPress.com

進化を続ける多機能プラグイン。「WordPress.com」のアカウント登録(無料)が必要。
全部有効にしておくと重いので、必要なものだけ有効化する。

【カスタム CSS】
カスタムCSSでカスタマイズしておけば、テーマがアップデートされた時でもそのまま適用されるのでスマート。テーマを変更するとリセットされる点だけは注意。
【サイトマップ】
検索エンジン向けのサイトマップを自動で作成・更新。
【パブリサイズ共有】

記事投稿時にFacebookやTwitterと連携して自動投稿できる。
【プロテクト】
不正ログインを試みる悪意あるIPアドレスをクラウドでブロック。乗っ取り被害を防げる。ブロックした履歴も確認できる。エックスサーバーは海外からの管理画面アクセスを拒否するのであまり活躍しないが念のため。
【拡張配信】
記事を公開したとき、瞬時に検索エンジンにインデックスさせられる。パクリ防止にも効果的。

 

Broken Link Checker

サイト内をリンクを定期的にチェックして、リンク切れを発見してくれる。
メール通知設定できるのが超便利。

デフォルトでは、リンク切れのところに取消線が表示される。
リンク切れが見つかったら、放置せずにすぐ対処しておきたいところ。
でも、ついついほったらかしがち…。でも、すぐやらなきゃ…。

 

WP Social Bookmarking Light

Facebook、hatena、twitter等々のソーシャルボタンを
記事の上下にワンタッチで設置できるプラグイン。
デフォルトは英語の設定になっているので、日本語の設定にするのを忘れずに。

 

WordPress Popular Posts

よく閲覧されている人気記事をサイドバーにランキング表示できるプラグイン。
サイトの回遊率アップに非常に効果的。

 

 

Shortcodes Ultimate

2コラムや3コラムのレイアウトや見栄えのいいボタン、ボックスなどの装飾が、ショートコードひとつで実現できるプラグイン。
簡単なアニメーションまでできる。

 

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディターの機能を拡張する定番プラグイン。
複数サイトで設定を共有できるインポート/エクスポート機能が便利。
WP Edit(Ultimate TinyMCEの後継)も検討したけど、わざわざ変える理由が見つからない。

 

Duplicate Post

記事を複製できるプラグイン。
ある程度記事のフォーマットがある場合、複製したものを編集することで時間を短縮できる。

 

WP-PageNavi

カテゴリーページやアーカイブページで表示される「古い記事へ」「新しい記事へ」というサイト内リンクを、「1」「2」「3」という形式のページナビゲーションに変更するプラグイン。
これもサイト回遊率アップに効果的。
テーマのアーカイブファイルなどで

previous_post
next_post

的なことが書かれているブロックを

<?php wp_pagenavi(); ?>

に変更すればOK。
「Wp Pagenavi Style」というプラグインも追加すれば、デザインもいろいろ選べる。

 

 

More To The Top

続きを読む(Moreタグ)をクリックすると、
記事の途中から表示されるのが気に入らないので、もれなく導入。

 

jQuery Smooth Scroll

ページの右下に、一番上に戻るボタン(▲マーク)を追加するプラグイン。
サイト内回遊率の向上に。

 

No Self Pings

自分のサイト内にリンクを貼ったときにいちいち送ってこられる
「セルフピンバック」を停止するプラグイン。

 

Search Meter

サイト内検索で、どんなワードが検索されたかを記録するプラグイン。
ユーザーの行動から意外なキーワードが見つかって、サイトの改善に活かせるかも。

 

WP Maintenance Mode

メンテナンス中を知らせるプラグイン。
メッセージは日本語にしておこう。

 

Category Order

「Category Order and Taxonomy Terms Order」が動かないことが多々あったため乗り換え。
ドラッグ&ドロップで入れ替えられる。超シンプル。ずっと更新されてないけど、問題なし。

 

404 Redirection

存在しないページにアクセスした人を、トップページにリダイレクトしてくれる。
サイトの歴史が長くなってくると
リンク切れやURL変更はどうしても起こってしまいます。
そんな時、せっかくの訪問者がエラーページを見て離脱してしまわないように
設定するのがこのプラグイン。
404エラーを発生させないことは、SEO的にも効果あり。

 

入れておくべきプラグイン全12種

次は、どのサイトでもインストールしておいて必要なときに有効化している、使う機会が多いプラグインです。
ベンチメンバーのプラグインです。

 

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

過去の記事をTwitterやFacebookにランダムに投稿できるプラグイン。
ソーシャルメディアで過去の人気記事などを拡散して、アクセスアップが期待できる。
有料版もあるが、無料でも十分な機能。

 

Quick Adsense

テンプレートをいじらずに、Google Adsense等の広告コードを、記事の上部・中部・下部やサイドバーなどに自動挿入できる。
ショートコードで好きな場所に挿入することもでき、自由度が高い。
収益化に必須のプラグイン。
広告のランダム表示機能もある。

 

Child Pages Shortcode

親の固定ページに、子ページの一覧を自動でカンタンに設置できる。
一覧にはアイキャッチ画像も表示でき、目次として使える。
固定ページ中心のサイトなら、かなり重宝するはず。

 

Yet Another Related Posts Plugin

記事の最後に、関連記事を表示するプラグイン。
Zenbackを導入しているときは、そちらで代用中。

 

PS Auto Sitemap

(人間が見るための)サイトマップのページを簡単に作れるプラグイン。
導入しておけば、自動で更新されていくので手間いらず。
構造が複雑になってしまったサイトでは、サイトマップを用意しておくのが親切。

 

WP-Polls

簡単なアンケートを設置できるプラグイン。
このサイトでもサイドバーに設置している。

 

TablePress

並び替えや検索機能のある多機能テーブルを簡単に設置できるプラグイン。
比較表を作るのに便利。

 

Contact Form 7

お問い合わせフォームがカンタンに設置できる大定番プラグイン。
スパムが多くなるので、後述の「Really Simple CAPTCHA」も入れて
CAPTCHAを設定するのがおすすめ。

 

Really Simple CAPTCHA

Contact Form 7にCAPTCHAを設置するプラグイン。
問い合わせフォームからのスパムをシャットアウトできる。

 

Meta Slider

コンテンツスライダーをカンタンに設置できるプラグイン。
トップページのカスタマイズに。

 

Search Regex

タグや過去記事などを一括置換できるプラグイン。
ものすごく便利だけど、カスタム投稿に対応してないのが惜しい。

 

Simple Tags

タグ、タグクラウドの表示順の変更や、タグ追加作業を省力化する「クリックタグ機能」のために利用。

 

おすすめプラグインリスト

このリストを管理画面の「Multi Plugin Installer」のフォームにコピペすれば
一括インストールできます。

おすすめ必須プラグイン全20種

最初に有効化するプラグイン。
これらは「Install & Activate」で、全部まとめてインストール&有効化して、
その後「入れておくべきプラグイン全12種」のインストールへ。
(リストには「Wp Pagenavi Style」を合わせて21種あります)

AddQuicktag
backWPup
WP Smush.it
Google Analytics by MonsterInsights
All In One SEO Pack
Jetpack by WordPress.com
Broken Link Checker
WP Social Bookmarking Light
WordPress Popular Posts
Shortcodes Ultimate
TinyMCE Advanced
Duplicate Post
WP-PageNavi
Wp Pagenavi Style
More To The Top
jQuery Smooth Scroll
No Self Pings
Search Meter
WP Maintenance Mode
Category Order and Taxonomy Terms Order
404 Redirection

入れておくべきプラグイン全12種

この12種類はひとまずインストールしておいて、必要なときに有効化。

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)
Quick Adsense
Child Pages Shortcode
Yet Another Related Posts Plugin
PS Auto Sitemap
WP-Polls
TablePress
Contact Form 7
Really Simple CAPTCHA
Meta Slider
Search Regex
Simple Tags


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人


名前:うっちー
SEOは詳しいけどプログラムの知識はほとんどありません。
でもWordpress使ってたら、PHPとかAPIとかいろいろやってみたくなった今日この頃。

【8月現在の順位】

1位 4.8秒
お名前.com共有サーバ


2位 5.0秒
エックスサーバー(X10)


3位 5.5秒
ヘテムル


ビリ 6.0秒
ロリポップ(チカッパ)

>>実測結果はこちら

番外編 4.8秒
Wordpress専用「wpX」

>>wpXの実測記事はこちら

クビ(計測終了) 7.2秒
さくらサーバー(プレミアム)

【格安SIM比較ポータル】
話題の格安SIM・格安スマホで、携帯代を1/3にする方法をご紹介!


Top