IPアドレス分散型サーバーのSEO効果とは

[`yahoo` not found]

レンタルサーバーの中には、IPアドレス分散を売りにしているサーバーがあります。
IPアドレスが分散されていることで、一体どのようなSEO効果が見込めるのでしょうか。

 

IP分散でナチュラルなリンクに見せかける

SEOの方法には様々な方法がありますが、その一つとしてIPアドレス分散型サーバーを活用したSEOがあります。
複数のIPアドレスを持つサーバーでサテライトサイトを運営し、そこからメインのサイトにリンクを貼ることで、自演リンクをより自然なリンクに見せかけ、SEOの効果が高まるというものです。
自分が運営するサイトから、他の自分のサイトへリンクを貼っても、通常はGoogleは自演リンクとして認識し、あまり評価がされませんが、IPアドレス分散サーバーで複数のサイトを運営していれば、自演リンクとして認識されないということです。

しかしこれにはさまざまな意見があります。
SEO効果あり派の意見としては、スパム認定のリスクをIPアドレスを分散させることで軽減でき、より確実に検索エンジンの上位に表示されるというものです。

一方、SEO効果なし派の意見としては、現在の検索エンジンは単純なIPアドレスとサイトのマッチングだけを見ているわけではなく、実際にユーザーがアクセスした際の効果を検知するアルゴリズムが組み込まれているため、IPアドレス分散はあまり効果が無いという物があります。

 

断定はできないものの、利用する価値はあり

SEO対策を行う際には、ブラックハットとホワイトハットについてしっかり認識する必要があります。
Googleでは、SEO対策を過剰に行うとスパムと認定され検索エンジンの上位に表示されなくなるアルゴリズムを盛り込んでいますが、この対策を巧妙にすり抜けるブラックハットのSEOを実施しているサイトが有ります。
一方、ホワイトハットと呼ばれるサイトは作為的で過剰なSEO対策ではなく、ユーザーの見やすいコンテンツ作りをおこなっているものです。
多くの検索エンジンはこのホワイトハットを正当に検索することが最大の目的としている場合が多いのです。

とはいえ、激戦ワードで上位に表示されているサイトを見ると、まさにブラックハットばりばりのサイトも多いものです。
ただ良質なコンテンツがあれば上位表示されると言われるようになって久しいですが、それでも現状はそうでないということを考えると、やはりグレーゾーンのSEOはまだまだ重要と言えるでしょう。

極端なブラックハットはスパムのリスクが高いため危険です。
ですが、IPアドレス分散型サーバーを使ってサテライトサイトからメインサイトにリンクを送るという手法ならリスクは低いでしょう。

サテライトサイトの品質があまりにも低ければ微妙ですが、最低限の品質をクリアしているサテライトサイトからのリンクであれば、もし自演リンクと認定されたとしても、リンクの価値が無効になる程度で、ペナルティを受けるということはまず考えられません。

IPアドレス分散型サーバーによるSEOも、やはり使い方次第。
料金が高めのサーバーが多いですが、複数のサーバー会社と契約することを考えれば安いものです。
攻めのSEOのためには、戦略的に狙っていく価値はあるのだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人


名前:うっちー
SEOは詳しいけどプログラムの知識はほとんどありません。
でもWordpress使ってたら、PHPとかAPIとかいろいろやってみたくなった今日この頃。

【8月現在の順位】

1位 4.8秒
お名前.com共有サーバ


2位 5.0秒
エックスサーバー(X10)


3位 5.5秒
ヘテムル


ビリ 6.0秒
ロリポップ(チカッパ)

>>実測結果はこちら

番外編 4.8秒
Wordpress専用「wpX」

>>wpXの実測記事はこちら

クビ(計測終了) 7.2秒
さくらサーバー(プレミアム)

【格安SIM比較ポータル】
話題の格安SIM・格安スマホで、携帯代を1/3にする方法をご紹介!


Top